自分軸で生きるとは?他者との関わりの中で見つける自分軸の探し方

今回は、「自分軸って一体何??」と言うテーマについて書いてみます。

私たち人は、集団で暮らす生き物。

赤ちゃんや幼児、自分自身を守るために「群れ」を作って生きています。

時々自称、1匹狼さんがおられますが、やはり社会福祉的なサポートを受けています。

そういった意味で社会性を持って暮らしています。

それでは、解説に入っていきましょう!

この記事を書いた人

癒しの専門家|山田和魅

ヒーリング、セラピーの資格を使いこなせていない、自信が持てないというお悩みの方に向けてWebサービスを使った学び心を扱う技術を高める為のオンラインプログラムを提供。

「癒しの専門家」として、ヒーリングセッション約3600回、感情を扱うセッション約1000回ほど行っています。

1人1人に寄り添う形で丁寧に進めていくクラスが評判となり、説明会募集直後にすぐ満席になる講座になり、今ではグループクラス、個別サポート、ペア練習、グループ練習会、レポート提出相談対応の融合型へと進化しています。

目次

単独行動をしても霊性は上がらない

自分は、人と関わるのは苦手だから

いつも1人でいるんだ

と言っている人も、本当は一年中、

ず~っと単独行動ではないんですね。

山の中で木の葉の雫を飲み、根をかじり、たまに魚を捕まえてタンパク源をとる、、。

そこまで単独行動の人はきっと、この内容を読んでいませんしね。

もし、そんな単独行動をしても、魂の本質からの逃げ、霊性は上がらないよね。

単純に、野生の勘、サイキック能力は長けていくでしょうけど。

だけどそれは限定された、『場』『地域』での野生能力。

どんな場所にいても、

  • 自分の本質を大きく揺らさずに適度に揺らぎ、
  • 日々意識を高め自分や、身近な他人に配慮する高次脳領域を育み続け
  • 『場』に応じたサイキックを使うこと

これこそが、最高峰の能力とスピリットガイド達やマスター達は伝えてきます。

他者との関わりの中で自分軸を整える

だから、私たち人は『自分』にだけ意識を向けるのではなく

常に他者の行動、行動や動作に反応して生きる仕組みを持って、生きています

以下の記事でも解説していますが、

https://spiempowerment.jp/hukushiki-kokyu

その反応が単純に原始反射のようにパターン化しないように、今からでもさらなる意識をすることで
揺るぎない自分の天命・使命を発見することができます。

それは、発見への旅路。

他者があってこその自分発見の旅ができる。

人間って、人生をデザインしながら、成長するので素晴らしいですよね。

他者との関わりの中で経験値を増やし、認知の歪みが生じたら、感覚と感情、思考を使って一気に整えていく。

この、感覚と感情、思考を使って、一気に認知を整えていき、自分で自分軸を整え、

  • 維持
  • 修正
  • 維持

を繰り返す。

これが、人間だけができる超高度な技術なんです。

これができるようになると、自然と豊かさが受け取れるようになってきますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次